スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フワルのお気楽精錬らいふ

2016年4月27日から2016年5月17日まで開催されていたイベント「フワルのお気楽精錬らいふ」に参加していました

過剰精錬に失敗しても精錬品が壊れない特殊な精錬が出来たり、精錬用の鉱石が無しで精錬が出来たり
挿さってるカードを別の装備品に移せるというものすごい事が出来たりうま味たっぷりなイベントでした。うまあじ
こんなイベントがあるなら、いいカード挿さっている古い装備は投げ売らずに温存しておけばよかったのですね

イベントNPCはラヘルに配置されていたのでイベント期間中は、いつもプロンテラで行われている露店やPT募集等が
ラヘルで行われるという奇妙な状況になりました
人が多くて栄えているという設定の街にプレイヤーキャラ増えてくれないかなぁとか
ゲフェンやモロクを歩いている時にそういえば昔ここら辺に露店やぽた屋があったなぁとか
長年無駄な妄想をしていた私にとってはそれが一番楽しかったです

ラヘルに人がいてプロンテラに人がいない状況に「イベント中はラヘルが首都」と言っている人がいたり
プロンテラに残って露店している人が「首都で露店」と表現している人がいたりするのを目撃して
ラヘルも首都なんだから、その表現はおかしいよなぁと思わずにはいられませんでした
ネットコミュニティとしての首都という意味だというのは分かりますがなんか変な感じ
そんな事言い出すのは私だけなので私の方がおかしいです

ゲーム内首都昨日がラヘルに移ったのはどこのサーバーも同じなのですが、
露店とか買取チャットの位置がサーバーによって色々違っていたのが楽しかったです
20160518-1.jpg
ペニヘイ!ペニヘイじゃないか!

ラヘルが栄えてた一方でプロンテラがガランとしていました
20160518-2.jpg
一番人が少ないサーバーだと休日昼間でこのような状況になっていました
事情を知らずこんなショッキングな光景を見たら気絶してしまいそうです


メモリアルダンジョンを攻略するとイベントで使えるポイントが貰えるので、色々な所に挑戦してみます
新メモリアルダンジョン「真昼の弦月」
20160518-3.jpg
CV石田彰的な不審人物が現れ教皇に着替えを渡す展開があり

着替えに行く教皇をおいかけるという選択肢を選ぶと
石田が止めにくるという、非常に常識的な対応をされます
20160518-4.jpg
どうも好感度が低いから出来ない、といった感じのメッセージが出るのですが
クリアしまくって好感度上げまくったら着替えを覗きに行けるのかもしれません
夢の中の話なのでなんでもありです

フロストノヴァ撃ったら冷え切った心が凍りました
20160518-5.jpg
効かないのにショートカットボタンミスしちゃった、と思ったら効いてました
氷のモンスターって凍るんだっけ?と少し混乱しましたが、水属性モンスターなので何もおかしい事ではありませんでした
私の現役時代、氷っぽいモンスターはBOSS属性を除くとフリーズタートルとハティーベベしかいなかったような気がする上に
どちらも凍らせる機会がなかったのでそういう勘違いするのも無理もなかったのかもしれません
それはそうと、ミスとはいえ冷え切った心を更に凍らせるとはまともな人間のやる事ではありません


メモリアルダンジョン「魔神の塔」の後半部分
原作漫画の最初の方のシーンを再現したダンジョンです
というか以前何故かやっていたクエストで再現されてたシーンの直後の展開です
20160518-6.jpg
おかげで俺がまた来るはめになっちまったじゃねえか。
日本語翻訳された原作漫画を読んだ時点でなんか気になっていましたが
改めて見るとやぱりこの台詞だけなんだかとても気になります
他の、変な翻訳とか固有名詞とか大抵修正されているのにここはそのままだったのでなおさら気になります

イベント限定で変なムナックが配置されていて若干雰囲気壊し気味です
私の頭の上の看板も相当雰囲気壊しています(仮)


イベント期間中は、デスペナルティが無しになっているのでメモリアルダンジョン「フェンリルとサラ」に初めて行ってみました
原作漫画の冒頭のシーンを再現したMDです
20160518-7.jpg
センティネルブリズ!
このセンチネルブリーズは原作漫画のシーンを再現する為に作られたこのMD限定のオブジェクトなどではなくて
グラストヘイム実装時からずっとこの場所に刺さっていました
恐らく、ROではストーリーに全く関わってこないお遊び的要素だっとは思うのですが
原作再現に使われる事になるとはなんとも感慨深いものがあります

後はサラが出てきて大体原作通りの流れになります
20160518-8.jpg
RO内でしかサラを知らないプレイヤーは恐らく先に子供時代のサラを見ているので
この、成長したサラの姿を見てなんだかショックを受けていそうです
日本語翻訳版では奇妙な台詞回しも相まってすごいやばいやつに感じましたが
ROのサラは結構まともなキャラクターに見えます

あと、原作漫画ではROのものとは違うデザインのガーゴイルが出てきましたが
このMDではRO版ガーゴイルが出てきてなんだかものすごく感心してしまいました

この後、GHマップを○分内に走り抜けろ!的な展開になるのですが、
その時流れるBGM Octopus Scramble (147.mp3) がアークトゥルスのBGM 差し迫る危機 に微妙に似ているような気がします
アークトゥルスのBGM 差し迫る危機 の方も大抵急ぐ時に流れるBGMなのでちょっとびびります

ものすごく興奮しながらプレイしておりましたが、なんかヤバい魔法喰らって即死したのであっけなく終了です
多分出現位置を死んで覚えるタイプなのでしょうが、デスペナ無し期間中に大して先にまで進めなかったので
次に挑戦するのにとても勇気がいります


このイベントとは特に関係ありませんが、Friggではガンスリンガー関係の交流が盛んなように感じられます
20160518-9.jpg
確かに私がガンスリンガー祭に参加していた頃 (参考記事: 第46回ガンスリンガー祭 第47回ガンスリ祭)
Friggサーバーの全身であるLokiサーバーの参加者がとても多くて楽しそうだなぁと思っていました
で、Lokiガンスリ祭に参加してみようと思ってLokiにガンスリを作ってはいたのですが結局参加せずじまいでした
当時活発だったとは言え7年以上も前の話なので、いまだに活気があるというのは本当にすごい事だと思います

ガンスリンガーの上級職のリベリオンが実装されましたが
今まで使いづらかったカテゴリの銃が使いやすくなったり強化されたりして育成の選択肢が増えていて
自分はどんな型にするかめっちゃ悩んでしまいそうだからちょっと転職にためらってしまうなぁ
とよく分からない言い訳をして今回は終わりです

スポンサーサイト

テーマ : ラグナロクオンライン
ジャンル : オンラインゲーム

マスターヌヌヌのアルナベルツマスター

2016年3月29日から2016年4月27日まで開催されていたイベント「マスターヌヌヌのアルナベルツマスター」に参加していました

アルナベルツ教国関連のクエストをクリアしてイベント限定NPCに報告すると、普段は貰えない追加の報酬が貰えるイベントで
イベント期間中はクエスト進行先へ無料で送ってくれる転送NPCがいるだとか、めんどくさい要素がぬるくなっているだとか
全部クリアするとBaseExp160M以上貰えるだとか、MVPモンスターカード含むランダムカードプレゼントだとか
なんだかものすごいイタレリつくせりでした この機会を逃したら絶対やらなくなるタイプのやつです


アルナベルツ教国とはミッドガルド大陸の3国の1つで、宗教上の理由でルーンミッドガッツ王国とはほぼ敵対関係にあります
教国はかなり後になってから実装されましたが、設定自体はそれよりずっと前からありました
frag02 (1)
当時はまぁ要は敵国なんでしょと全然意識していませんでしたが、確かに各クエストでは国同士の表立っての対立ではなく
(軍備増強、警戒関係)の様が描写されていました
何気に設定がぶれていなかった事にびびります
シュバルツバルド共和国のアークトゥルス的な唐突さに比べると本当にぶれていません

2008年7月辺りに私は何故かまたちょくちょくROプレイしていましたが、確か教国が実装された事と関係あったような気がします
冒険者の立場が王国寄りだと思っていたので、街の住人や兵士が即襲ってくるくらい殺伐としているのかと思っていたら
全然そんな事はなく拍子抜けした覚えがあります 警戒しすぎです


過去にリシェルはいくらかクエストをクリアしていたのでその分の報酬は即貰えました
20160505-1.jpg
この時点で物凄いExpです
1時間で1M~2MExp稼げたらいいかな世代の私の目が飛び出します


そういえば古い紫色の箱が貰えるクエストが多かったような気がします
過去の感覚だと開けないで売った方が儲けられたのですが、今はかなり安くなってしまっているので即開けます
現在は必ず武器が出る高級武器の箱という箱アイテムあるのも影響してか、紫箱も高確率で装備品が出るようになっているし
収集品もとんでもないレベルのハズレの物はでないみたいだし、開けてハズレでも大して損はしていないかなという気がします
20160505-2.jpg
紫箱→青箱→プレ箱の末にタキシードが出てくるというロマンチックな事もありました
金額的にハズレといえばハズレなのですが、完全に勝ったような気分です
おしとやかな方がタキシードでボーイッシュな方がウェディングドレスという王道なシチュエーションです


クエストを進める上で、今まで全然行った事ないような場所にも行きました
修道院03というMAPでは昔から長い間プレイしてるプレイヤーほどびっくりするような衝撃的な展開が……
実物に会った事はないけどほとんどの人が名前は知っている、という重要人物が死んでいます
でもエイプリルフールイベントで普通に生きてて、このMAPで死んでいるのがヤラセだと解釈できる発言もあったので
考えようによっては大して重い展開でもないのかもしれません

ここには主にチョンチョン系のモンスターが多く配置されていて
昔からカードデータだけは存在していたヴェルゼブブがMVPモンスターとして実装されていました
未実装時の情報で普通のチョンチョン型モンスターがヴェルゼブブとして紹介されていた事もありましたが
それは第1段階目の姿で、大きい気味の悪い2段階目に変化するというタイプでした
じゃあカードイラストのイケメンは何者だったのでしょうか 確かに微妙にデザインが似ているけど別物すぎます
20160505-3.jpg
クエスト進行をこなしたのでちょっと様子見で見物していたらドラゴンフライがクリップを落としました
現在ではクリップも店売りレベルまで価値が下がってしまっていますが
時計塔のBGMが51.mp3の世代の私的にはクリップドロップだけでテンション上がってしまいます
ましてやアラーム産よりレアっぽいドラゴンフライ産なので昔からの憧れの代物です

でも調べてみたらドロップ率が30%もあってびびりました
しかもこのMAPのドラゴンフライは即湧きなので本当に希少価値なんて微塵もありません
しかし彼女は安らかな表情をしていました


プロンテラ大聖堂内部にワープポイントが追加されていて……
20160505-7.jpg

部屋が追加されていました
20160505-6.jpg
昔、闇ぽたとかアイスウォールにインティミデイトとかで飛べるけど出られなくなるMAPというのがあったけど
今思うとこの部屋だったような気がします
その部屋へ行く為のWPが無くて入る事は出来なかったけど、室内MAPは1枚のMAPに沢山の部屋があるというタイプなので
同じ系列のマップから何らかの手段で飛べば入れてしまうという事でした

イベントNPCの転送地点から大聖堂まで行く間にうっかり入ってしまいがちのこの家も確か
20160505-8.jpg

大聖堂の追加された部屋と同じで、昔からデータはあったけど正規の手段では入る事は出来なかった系だったと思います
20160505-9.jpg
というか、プロンテラ街中至る所にこんな感じの後付感はんぱないWPめっちゃ増えていてびびります


あるクエストで、ある部屋に入る為に手の込んだ嫌がらせをして2人の警備員をどかす……という流れがあるのですが
20160505-4.jpg
実は部屋の外から目的ポイントにカーソルが合わせられるのでそこは省略できてしまいます
ちょっとあまりにひどい裏技ですが、バグでもなんでもないので容赦なくクリックします
このゲームこういう、カーソルを駆使すると楽になる状況が結構ある気がします


この、ワァー!!教皇様万歳!的な発言はRO内外でもよく見られましたが実際にクエストクリアして分かったような気がします
20160505-5.jpg
自分達を助けてくれたちりめん問屋のご隠居が御老公だったり貧乏旗本の三男坊が上様だった的な予想外などんでん返しがあり
ワァー!!教皇様万歳!となる方々の気持ちも今では大いに理解できます
色白オッドアイロリめちゃシコとかそういう話かと勘違いしておりました事を深く心よりお詫び申し上げます


でもごく最近はじめたプレイヤーは、フレイアってケイオス達を襲う悪いやつじゃんじゃあ教皇も悪いやつじゃん
って微妙にずれた勘違いをしてしまうんだろうなと思いつつも
ROで原作漫画のストーリーがダイレクトに描写されるようになった現在では
原作漫画とROの設定のすり合わせがどうなってるのか分からないので
結局何が正しいのか分からないという微妙な気持ちになって今回は終わりです

テーマ : ラグナロクオンライン
ジャンル : オンラインゲーム

プロフィール

リシェル

  • Author:リシェル
  • 絵:お絵描きピッキの似顔絵サイト/shian

    引退したEirのクリエイターの日記
    twitter

    このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社グラヴィティ並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
    ©2004 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS),All Rights Reserved.
    ©2004 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。